読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー男の趣味が園芸だって別にいいじゃないか

周りに話が通じる人がまったくいないので、ブログに書きます。主にアマリリス室内栽培の記録です。

2017年アマリリス 最初の花芽

マリリス、今年最初の花芽が出ているのを発見。
昨年と同じく、一番手はオレンジサバリーンです。

f:id:ynw_soft:20170311073501j:plain

今年は寒かったせいか、昨年より1週間遅くなりました。

例年だと、ここから開花までの約1か月で花芽が40㎝くらい伸びます。植え替えダメージが成長に影響しないことを祈ります。

ynw-gardening.hatenablog.com

アマリリス開花動画

以前書いた水耕栽培中のアマリリス「レティキュラータム」成長動画記事

ynw-gardening.hatenablog.com

同じ株の開花動画を載せていないことに気づいたので、いまさら公開します。 撮影時期はだいぶ前ですが、せっかく撮ったので・・・。

撮影時期: 2016/12/17-2017/01/20

開花とともにカメラ目線になったり、そもそも咲いたのがクリスマスイブだったりと、サービス精神旺盛です。

www.youtube.com

アイキャッチ用に写真も。
レティキュラータムの花柄は繊細な感じで良いですね。

f:id:ynw_soft:20170308212559j:plain

2017年 アマリリス植え替え

だいぶご無沙汰していました。
冬の時期はほとんど書くことがなかったので・・・。

最近ようやく暖かくなってきたので、アマリリスの植え替えを。
これを機に2017年の園芸活動再開です。

植え替え前の鉢の様子はこんな感じ。

f:id:ynw_soft:20170305074657j:plain

7号鉢に植わったオレンジサバリーン。2015/10に植えてからずっと同じ鉢。親株が特大なうえ、子株まで出てきていかにも窮屈。

抜いてみると・・・

f:id:ynw_soft:20170305075034j:plain

見事な根っこ。色的には健康なので安心しました。

f:id:ynw_soft:20170305075411j:plain

根鉢を思いっきり崩して、子株も分離。根鉢を崩すと球根へのダメージが・・・なんて言ってられません。子株が育ってから目に見えて親株の勢力が落ちていたので、親の負担軽減のために子株をすべて外しました。

ついでに古い根っこもすべて取り除きます。水耕栽培していても思ったのですが、アマリリスの根っこは1年単位で総入れ替えされるようです。鉢の中心部は萎びた古い根の塊になっていました。

f:id:ynw_soft:20170305080006j:plain

8号鉢に植え替えて完了。ちなみに球根は円周40cmでした。

分離した子株。サイズ的に開花は来年以降でしょうか。3球まとめて別の鉢に植えておきました。

f:id:ynw_soft:20170305080142j:plain

野菜水耕栽培45日目。レタス大繁盛

野菜の水耕栽培種植え(10/21)から45日目です。
現在の状況はこんな感じ。

f:id:ynw_soft:20161205193813j:plain

他に比べてとにかくレタスが伸びます。どうやら水耕栽培と相性がいいようです。野菜工場でレタスばっかり育てている理由がわかりました。

込み入りすぎているので恒例の試食。葉っぱが絡まっていたため周りの株を少し折ってしまいました・・・

f:id:ynw_soft:20161205193934j:plain

前回に比べ歯ごたえが増して、味も濃くなっています。前回の心配は杞憂だった模様です。

レタスは3×5=15本植えているのですが、写真の通り密集しすぎで、これ以上育つと葉っぱが絡み合って収穫困難になりそうです。ということで、今日から約一週間、毎日1本ずつ収穫して2×3=6本まで減らそうと思います。

ところで、先述の通り一つの容器にレタスを15本植えられるので、左右の容器もレタスを植えれば15×3で45本植えられます。種植えから45日でそれなりに食べられるサイズになるので、植え付け時期をずらせば毎日このサイズのレタスが食べられる計算になります。人工光利用の室内水耕栽培なので光と栽培溶液は一定、室温さえ維持できれば通年栽培できるはず。夢が広がりますね。

ynw-gardening.hatenablog.com

野菜水耕栽培25日目。試食

ynw-gardening.hatenablog.com

野菜の水耕栽培種植えから25日目です。
前回記事では種植えから7日後、ようやく双葉が出たくらいでしたが、今ではそれぞれ見分けられるレベルに育ちました。

見えにくいのでLED照明を落として撮影しています。

サラダ菜

f:id:ynw_soft:20161115201236j:plain

長細い葉っぱが出てきました。照明の方向に向かって倒れ気味。

サニーレタス

f:id:ynw_soft:20161115201241j:plain

照明直下のせいか、他の2種に比べて明らかに成長が早いです。

サラダ水菜

f:id:ynw_soft:20161115201315j:plain

双葉の段階では見分けが困難でしたが、ようやく水菜らしい葉っぱが出てきました。

試食

1つのポイントにつき種を2つ蒔いていたので、間引きを兼ねた試食を行いました。

f:id:ynw_soft:20161115202307j:plain

サニーレタス、だいたい15cmくらいです。ベビーリーフとしてなら収穫できるサイズ?
味のほうは・・・間違いなくレタスの味ですが、だいぶ薄味です。

いつもLED照明下で見ているため気づきませんでしたが、葉の色も薄い気がします。食感も柔らかめなので日照不足かもしれないです。LED照明だけでは厳しい?