アラサー男の趣味が園芸だって別にいいじゃないか

周りに園芸の話が通じる人がまったくいないので、ブログに書きます。主にアマリリス室内栽培の記録です。2018年から室外栽培も始めました。

種からアマリリス 開花報告

ynw-gardening.hatenablog.com

久しぶりの更新です。

2016年4~5月に咲いたアマリリスを交配して種から育てはじめ、最後のブログ報告ではミニチュアサイズだったアマリリスの花が咲いたので、ご報告。

といっても、実は去年も咲いていました。

両親

「オレンジスーベライン」×「夢みたい」の交配です。両親の花はこんな感じ。

f:id:ynw_soft:20160529193142j:plain
♀:オレンジスーベライン

f:id:ynw_soft:20160529193554j:plain
♂:夢みたい

成長記録

2016年6月 種植え

f:id:ynw_soft:20160606201257j:plain
黒いペラペラなシート一つ一つがアマリリスの種。

2016年 7月 ミニチュアサイズに成長

f:id:ynw_soft:20160718085135j:plain
かわいい

2017年10月 二度目の植え替え

f:id:ynw_soft:20200419220456j:plain
植え替え時の様子

1年たち、1cmくらいのサイズまで成長しました。

2018年2月の様子

f:id:ynw_soft:20200419220626j:plain
植え替えから4か月後

家を引っ越してベランダができたので、記念撮影。
順調に成長しています。

2019年4月の様子

f:id:ynw_soft:20200419220824j:plain
1年で一気に成長。そして花芽

種を植えてから3年目。
この1年間で急激に成長し、花芽ができました。
いろんなサイトで書かれている、「実生アマリリスは花が咲くまで3年かかる」という情報は正しかったようです。

開花した花の姿

たくさん咲いたのですが、どれも見た目が似ているのでピックアップ。

f:id:ynw_soft:20200419222005j:plain
色は母親、形は父親

f:id:ynw_soft:20200419221458j:plain
花の中央にすじが入ったもの。このタイプが一番多かった。

f:id:ynw_soft:20200419221626j:plain
一枚だけ色抜け?この株のほかの花もちょっとずつ色が抜けていた。偶然かも。

全体的に、母親であるオレンジスーベラインの特色が濃く出ていますが、花の形などに少しだけ父親の面影が。

交配種の交配

さて、交配1代目はあまり目立った特徴は出てきていませんが、遺伝の法則をご存じの方なら知っての通り、本番は孫世代からです。

交配でできた子株同士を掛け合わせて新しい実生アマリリスを!と意気込んでいるのですが、去年の花は5回交配して一つも種ができず。

今年の一番花も交配してみましたが、こちらも失敗・・・。

系統が近いので自家受粉のように種ができにくい可能性があります。今年は花芽があと10本くらい出てきているので、めげずにチャレンジしてみます。

上手くいったら花が咲く3年後に更新します。

アマリリス 水耕栽培と土栽培の成長速度比較 22か月後

水耕栽培 vs 土栽培

とてもお久しぶりです。 アマリリス水耕栽培比較記事にコメントがついたので、最新の状況を報告します。

植え付け時の様子(2016/4/15)

ynw-gardening.hatenablog.com

7カ月後の様子(2016/11/11)

ynw-gardening.hatenablog.com

22か月後の様子(2018/2/20)

植え付けから約22か月後の現在、両者の見た目はこのようになりました。

f:id:ynw_soft:20180220195056j:plain

左が土栽培、右が水耕栽培です(比較のため、水耕栽培のほうを一時水から出しています)。

見ての通り、相変わらず水耕栽培の繁殖っぷりがすさまじいです。相対的に土栽培の元気がないように見えてしまいますが、2月ということを考えると正常の範囲内です。(寒波で一時期弱ってしまったのも影響しています)

水耕栽培拡大

f:id:ynw_soft:20180220195400j:plain

水耕栽培のほうは子株も大量にできています。数えてみたところ子株は15個ありました。他の土栽培のアマリリスだと平均して年に3個くらいしか子株ができないので、数を増やすという面でも水耕栽培はかなり優秀なようです(増えすぎなので暖かくなったら植え替えます)。これだけ子株ができると通常親株は養分を取られて痩せるのですが、その傾向も一切見られません。

花の数

f:id:ynw_soft:20180220200005j:plain

今年度は土栽培も水耕栽培も親株からは2本の花芽ができました。1本の花芽に対し、土栽培は花の数が4つと5つ、水耕栽培は4つと6つ、と、若干ですが水耕栽培のほうが花数も多くなりました。

肥料について

肥料は相変わらずハイポニカ液体肥料を使っています。 500mlを使い果たしたので1Lセットを追加購入しました。

まとめ

ということで、長期的に見ても水耕栽培はかなり優秀なようです。

しかし、残念ながら万能ではないようで、以下の記事で紹介したブルーアマリリス水耕栽培は完全に失敗してしまいました・・・

ynw-gardening.hatenablog.com

気分のいい写真ではないので載せませんが、水耕栽培ブルーアマリリスは完全に根が腐ってしまいました。(現在は土に植え替えて療養中です) 常に根が水につかっているので、むしろ根腐れするのが正常な反応な気もします。

2017年アマリリス最初の花

ynw-gardening.hatenablog.com

今年最初のアマリリスが開花しました。
アイコンにも使っているオレンジサバリーン。

f:id:ynw_soft:20170416180452j:plain

例年通り、つぼみから開花までだいたい1か月。
この株は毎回一つの茎に4~6つ花が咲きます。今回は4つでした。

f:id:ynw_soft:20170416180632j:plain

花数が少なかったせいか、花の大きさは例年より大きめで直径18cmくらい。部屋が華やぎます

ダリア発芽しました

ynw-gardening.hatenablog.com

ダリアが発芽しました。

f:id:ynw_soft:20170413181356j:plain

土が動き出したのは植え付けから20日後の4月8日。

f:id:ynw_soft:20170413181933j:plain

写真中央の支柱左側に芽がかろうじて写っています。
まったく写真映えしないのでちょっと待ってからの記事投稿となりました。

予想より少し早く芽が出たため寒さがぶり返して焦りましたが、もうだいぶ暖かくなってきたので安心できそうです。

ブルーアマリリス購入

ブログ的には何の前触れもなかったですが、個人的には2年前から購入を考えては諦めていたブルーアマリリスを衝動買いしてしましました。しかも2株。

f:id:ynw_soft:20170326141534j:plain

ブルーアマリリスは花が咲くとニュースになるくらい開花させるのが難しく、販売価格もめちゃくちゃ高いので、憧れるだけにとどめていたのですが、いよいよ30歳が見えてきたので記念に買ってしまいました。

参考) アマリリスの開花ニュース thepage.jp

開花株は20万円以上するので、買ったのは分球株分け1年目の子株です。それでも1株で現在栽培中の他の全植物の合計くらいの価格。 普通に育てるとここから開花サイズまで4年とのこと。もちろんサイズだけ大きくなっても開花するとは限りません。

せっかく2球買ったので、だいぶ冒険ですが1つは水耕栽培にチャレンジ。個人的にはアマリリス水耕栽培にだいぶ手ごたえを感じているので、リスク覚悟で挑戦です。

ynw-gardening.hatenablog.com

球根サイズを記念撮影。

f:id:ynw_soft:20170326141542j:plain

もはや手慣れた水耕植え付け。

f:id:ynw_soft:20170326141546j:plain

さて、どうなるでしょう。